子供が喜ぶ段ボール工作(車・トラック)

我が家はウォーターサーバーを置いているのと、アマゾンさんにお世話になっているおかげで、段ボール箱が増えていきます。これまでは、おもちゃ箱にしたり、お絵かきに使ったりしていたのですが、早未恵理さんのあそび Tipsというブログに掲載されていた車に一目ぼれしてしまい、自作にチャレンジしてみました。

 

 

用意するもの

材料は、以下の通り。

 

段ボール箱 2個

サイズはお好みので構わないです。

 

サランラップの芯 2本

車軸受けになります。サランラップの芯がなければ、比較的丈夫な筒状のものであれば何でもよいと思います。車体幅より長い場合は、短く切ってください。

 

木の棒 2本

車軸になります。ホームセンター等で購入してください(切断もお店でやってくれます)

太さ: サランラップの芯の幅が4cm程度なので、それより0.5-1cm程度細いものを選んでください。

長さ: 車体との干渉を防ぐため、車幅より1.5cm程度長いものにしてください

 

丸い木の板 4枚

タイヤになります。ホームセンター等で購入してください

厚さ: 1cmぐらいのものを選びました。分厚いのもかっこいいですが、車軸への取り付けが困難になりそうです。

直径: 12cmぐらいのものを選びました。車体の大きさに合わせて調整してください。

 

木工用のねじ 4本

タイヤと車軸をつなげるのに使います

 

ペットボトル 2本

ヘッドライト用になります。同じ形を2つ揃えましょう

 

ガムテープ

塗装用です。お好みの色をチョイスしてください。

車体用、窓用、タイヤ用があるといいとおもいます。また、ウィンカー用、ブレーキランプ用も用意するとかっこよくなるかと思います。

 

マジックペン

ヘッドライトを塗装するのに使います。黄色がおススメ。

 

木工用ボンド

ヘッドライトを車体に取り付けるのに用います。

また、タイヤと車軸の接合は、ねじだけだと緩みはずれ安いので、木工用ボンドで補強します。(お好みで)

 

材料をネットでご準備されたい方は、以下の記事をご利用ください。

 

作り方

車体を作る

ヘッドライトをはめ込むのが少し苦労しました。穴が大きすぎると、スカスカになりますし、小さすぎるとハマりません。コツは、気持ち小さめの穴をあけ、周りに放射状に切り込みを入れることです。

ペットボトルの窪みを利用してはめた後、木工用ボンドで固定します。

 

タイヤを作る

比較的シンプルな作業なのですが、板を木の棒に固定するのにいくつかポイントがあります。

タイヤの中心を車軸の中心に合わせる

これができないと、スムーズに転がりません。

ねじ止めに加え、ボンドで補強する

転がして遊んでいるうちにねじが緩んでタイヤが外れてしまうことがたびたび起こりました。なのでゆるみ止めとしてボンドで補強しています。

実は、当初釘で固定しようとしたのですが、工作能力のせいか、板が薄かったからか、円盤が割れかけたのでねじ固定に変更しました。もしかしたら、緩む可能性を考えると釘の方が良いのかもしれません。

 

窓などをカラー布テープで描く

 

我が家では、窓と荷台の縁取りだけしかしていませんが、バックライト、ウィンカーなども布テープで描くと楽しいと思います。

荷台にももう少し塗装しても面白いかなと思っています。

 

課題と考察

作ってみて気づいた点がいくつかありますので、今後の課題として載せておこうと思います。

カーブがしにくい問題

このトラックの車軸の構造上、直進の動きは問題ないのですが、カーブは曲がりにくいです。

通常、車が曲がる場合左右のタイヤの回転数が異なります。自動車ではその差を調整をする装置(ディフェレンシャル・ギア)があるのですが、このトラックの場合、タイヤを車軸に固定しているので、回転数を変えることができません。無理にカーブを繰り返すと、ねじが緩んで、タイヤが外れてしまいます。

上手くカーブができる構造にするには、①左右でタイヤを独立させるか、②車軸受けが曲がる構造にしするか、の対応が必要だと思います

子供が乗りたがる問題

車の形だと、やっぱり子供が乗りたいもの。1歳児ぐらいなら何とか耐えられても、それ以上になると壊れてしまいます。なので、子供が乗りたがるような場合は、タイヤ型ではなく、早未恵理さんのように、台車の様なものに乗せるのが良いのかもしれません。

 

まとめ

我が家では、写真のように、ひもを通して、子供が引っ張って遊べるようにしています。製作後、半年程度たった今でも、現役の動く本棚として活躍しています。

この工作は、上述したように、早未恵理さんのブログを拝見したことに触発されました。いままで段ボールで多少工作をしても、段ボールの剥がれ痕やガムテープで汚らしくなってしまい、満足感がえられていなかったのですが、布テープで塗装するアイデアを頂いたことで、きれいに仕上げることが可能になりました。子供の遊ぶ家なども制作しましたので、追って記事にしていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


4 Comments

  • Pingback:子供が喜ぶ段ボール工作(トラック)用 材料一覧 – かっこいい父親になろう

  • 早未恵理

    2017年5月17日

    か、か、か、感激です!! 素晴らしい。。。 
    こんな風にかっこいいブログで、かっこいい進化改善された段ボール車を紹介して頂き光栄です。
    ありがとうございます。

    ブログ全般 拝読させて頂きました。
    か、か、か、かっこいいパパじゃないですか!!! 感動…
    ファンになってしまいました。

    自分のブログは、、とりとめもなく綴り続け
    いつの間にか飽和状態になってしまい 現在、絶賛困惑中、、、
    ものすごく刺激になり、勉強になりました。

    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  • Papa

    2017年5月17日

    早未さん、ありがとうございます!
    私も早見さんのブログのファンです。
    時々拝見しては、子供に作る工作や遊びのアイデアをいただいています。

    こどもが楽しむことで、色々活躍されていて尊敬します。
    私も、いつか、子供が楽しく成長していくのを支える仕事をしたいなと思っています。

    今後ともよろしくお願いします!!

  • Pingback:子供が喜ぶ段ボール工作(家) – かっこいい父親になろう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください