「子供になって欲しい大人」に自分がなろう

子供を育てていると、「子供は親の鏡」という言葉の意味を強く感じる。

 

 

良いことも、悪いことも、子供はぐんぐん吸収していくのだ。

口癖や、仕草、生活習慣まで似てきて、子供に注意するときに「ハッ」とさせられる。

 

 

「片づけなさい!」

「勉強しなさい!」

「そんな乱暴な言い方はダメ!」

「なんでそんなことをするの?」

という前に、少し落ち着いて、自分はちゃんとできているのか?振り返ってみよう。

 

 

自分も片づけている?

自分もちゃんと勉強している?

自分は乱暴な言い方をしていない?

自分も似たようなことしていない?

 

 

子供に「こういう大人になって欲しい」と思うのであれば、まずは、そういう大人に、自分がならないといけない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください